camera

Last-modified: 2006-04-19 (水) 02:36:26 (5308d)

私が愛用しているカメラを紹介しましょう。


LOMO LC-A

全然どういうカメラかわからないので、まず、スペックをみてみましょう!!

LC-A (LOMO COMPACT-AUTOMAT)
■使用フィルム:35 mmフィルム
■画面サイズ:24 X 36 mm
■レンズ:Miniter-1
  焦点距離:32 mm
  口径比:1:2.8
  画角:63°
  フォーカスレンジ:0.8 m , 1.5 m , 3 m , 無限遠 
  (クリックストップ付)
■露出:プログラムAE
  シャッタースピード:1/500〜2sec  1/60(X接点)
  絞り:f2.8〜16
■ ISO/ASA:25,50,100,200,400
■サイズ:107 x 68 x 43.5 mm
■重量:250g
■電源:SR44またはLR44を3個
lomo01.jpg

露出は自動で、結構広角のレンズは明るめ、割と普通のカメラですね。だけど、ピントは目測であわせなきゃというところか。
なるほど。これだけしかないスペックでも、カメラの好きな方ならだいたいの様子はつかめることでしょう。外観は写真を見てのとおり、ちょっとレトロでなかなかオシャレです。実物は写真よりもコンパクトに感じますね。外装は金属のようなんですが、なかのフレームというかボディーはプラスチックになってます。
さて、私が手に入れたLOMO(1991年製)ですが、確かに新品同様の状態で、キズ等もなく、レンズ・ファインダーとも極めてクリアです。ただ一点、惜しむらくは、ファインダー内のポインター(ピントのゾーンを刺す針)が狂っていることですかね。まっ、ピントは目測であらかじめあわせますし、どのみちよく見えないポインターなので、さして問題はありません。この辺は、あくまでもロシア製と大きな心で受け入れなければいけないところでしょう^^;
実際にフィルムを入れて、さあ撮影・・・。ハテ?? 付属のマニュアルは変てこなアルファベットが並んだキリル文字だし、うーーーん。使い方が・・・。と思いつついろいろと触っていたら、意外に一昔前の普通のカメラと同じでした。巻き戻しノブを引き上げると、裏ブタが開きます。フィルムの装填は、スプールにフィルム先端を差込み、フィルムのパフォーレーションにスプールにある小さい爪が引っかかって巻き上げられていけばOKです。その際フィルムがきれいにレールの上に収まっているのは言うまでもありません。最近のカメラしか触ってない人には、ちょっと面倒かもしれませんが、難しいと言うほどのものでもありません。 (巻き戻しは、底の小さなボタンを押せば、巻き戻し可能になります)

lomo_pin.jpg

フイルムを入れた後、正面の星型の小さくて回しにくいダイアルを回してフィルム感度をあわせ、絞りレバーがAになっていることを確認したら、あとは、ピントレバーで撮りたい物との距離を合わせて、シャッターを押せばOK !! (もちろん、この時、前面底のレバーを動かして、レンズカバーを開けていなければシャッターーは落ちません) ハッ、全然、楽ですね(笑)

(注)絞りレバーにより、絞り値は固定できますが、その場合シャッタースピードも1/60に固定されてしまいます。要するに、ストロボ撮影時以外はAに設定するってことですね。

巻き上げて、実際に撮影。ダイアル式の巻上げは軽く、異常に深いシャッターストロークでシャッターが落ちます。ジージージー、カション、ジージージー、カションて感じですね。ハハハ^^; うるさくはないですけど、安っぽい"音"!! 使い捨てカメラの親戚のような音です。

lomo_f.jpg

ファインダー内には、上部に2つのLED(赤)があり、シャッター半押しで点灯します。左は電池チェック、右は1/30以下のシャッタースピードの場合の手ぶれ警告です。笑えるのは、このLED、ファインダー上部からまさにLEDそのものがぶら下がってるだけで、点灯すると眩しいのなんのって、暗いところだと、目が眩んでファインダーがよく見えなくなります(笑)

まあ、いろいろとありますが、目測によるピントはあらかじめ4点の中から、選ぶような使い方で意外に苦にならず、下手なオートフォーカスより速写性があり、スイッチなんかも今のカメラと比べるとないと言ってもいい状態ですから、使いやすいですね。こうした使い方でピンボケがでてくるのも、それはそれでLOMOの味で面白いものです。

しばらくは、このエキセントリックなカメラで遊んでみましょう。


添付ファイル: filelomo_f.jpg 413件 [詳細] filelomo_pin.jpg 391件 [詳細] filelomo01.jpg 422件 [詳細]